ブログ

お待たせ致しました!今週末はフランスベッド創業祭「70周年大感謝祭」開催です!

こんにちは。

一昨日は非常に寒く、関東平野部でも雪が降るかも?と言われていたので、降るかな?とドキドキワクワクしましたが、雨でした。実際は降られたら困りますけどね。

さて今週末は、平成30年最後の首都圏ビッグイベントが開催致します!

フランスベッド創業祭「70周年大感謝祭」です!

本日12月14日(金)は、朝から大忙しの大搬入祭りです。

さすが創業祭ということもあり、とてつもなく凄い物量です。通常の3倍はありますね。

しかも出展する商品はすべてフランスベッドがおすすめの高品質なものばかり。

 

メインはベッド・ソファを中心としたラインナップで、さすがの品揃えです。

価格も物量も圧巻です。

 

さらにプラスオンで注目すべき商品があります!

高品質な「羽毛ふとん」と、

床文化の伝統家具「手織り絨毯」です。

とにかく価格も物量も圧巻です。凄いです。大特価です!

 

羽毛ふとんはいつも以上に高品質な商品を多く集め、

「特選&特価コーナー」を併設

さらに、その場で100g増量プレゼント!

ハンガリー産の高品質なホワイトグースダウン100gをお好きなところに増量できます。

 

インテリアにこだわるなら外せない「手織り絨毯」は、

いつも以上に高品質な商品を多く集め、大・大・大特価です!

 

話題の「ギャッベ」コーナーと

「世界の手織り絨毯」コーナーを併設いたします。

まだ日本には馴染みが薄い「手織り絨毯」。日本で使っている人の割合は、全人口の3%と言われています。

スイスでは80%の世帯で「手織り絨毯」が使われています。凄い差ですね。

やはり文化の違いが大きいようです。

まだまだ根底に畳文化が染みついているので、なかなか手織り絨毯という概念がなく、

普及率にも影響しているみたいです。

ヨーロッパは床文化の伝統家具として根付いているので広く愛されています。

ヨーロッパの人が「手織り絨毯」を各部屋や入り口に敷くのは、

日本の畳の部屋に敷く「座布団」と同じ感覚です。

【ゲストをお迎えする、最低限のおもてなし】ということです。

家具としてだけではなく、色々な意味合いを持つ「手織り絨毯」の深い魅力を

会場にて感じ取ってみてはいかがでしょうか。

 

イベントの詳細はコチラ⇒

 

 

 

 

 

2018年12月14日

一覧に戻る