ブログ

最古の家具「ペルシャ絨毯」~その②~

こんにちは。

最古の家具「ペルシャ絨毯」~その②~です。

今回は、「絨毯のサイズ(名称)について」です。

よく巷で、「ラグ(rug)」と耳にするかと思いますが、こちらは床に敷く敷物のことをさす大雑把な表現で、商品名やサイズのことではありません。「ラグ」=「部分的な敷物」って感じです。イギリスなどでいう「ラグ」の大きさは、日本の畳一枚から三枚くらいの大きさの敷物のことをいいます。日本では「ラグ」や「ラグマット」という商品名として(誤表記で)機械織りの化繊や羊毛を使った敷物が安易に購入できますが、ダニの温床となるだけですのでお気を付けください。後々高くつきます。

横道にそれましたが、ここからは、本題の「手織り絨毯のサイズの名称」についてです。手織り絨毯発祥の地「イラン」にて古くから(およそ4,000年以上)つづく、手織り絨毯のサイズの名称を下記へ記します。

【ポシテイ】———-約600㎜ × 約900㎜ 以下のサイズ

【ザロチャラク】—–約800㎜ × 約1250㎜

【ザロニム】———約1000㎜ × 約1500㎜

【ドザール】———約1350㎜ × 約2000㎜

【パルデ】———–約1700㎜ × 約2500㎜

【ガリ】—————約2000㎜ × 約3000㎜ よりも大きいサイズ

【ケナーレ】——–約1000㎜ × 約3000㎜~5000㎜(廊下敷)

です。

日本での手織り絨毯は、玄関に【ポシティ】サイズのものや、リビングやソファの前に【ドザール】サイズのものが多く使われています。

手織り絨毯はどれも多少の誤差があるので、機械織りの製品のような正確なサイズではありませんが、それがまた手作りの良さでもあると思います。

手織りの絨毯をお探しの際は、上記のサイズを参考にしてください。

 

 

 

2016年10月21日

一覧に戻る