ブログ

知っておきたい【家具の基礎知識】木材編①

針葉樹と広葉樹

%e5%ba%83%e8%91%89%e6%a8%b9%e3%81%a8%e9%87%9d%e8%91%89%e6%a8%b9-1

木材は、大きく分けて針葉樹と広葉樹に分かれます。針葉樹は、針状のような葉を持ち常緑樹が多いです。広葉樹は、春に芽を出し育った広い葉が秋に紅葉するものが多く、落葉樹とも一般的に呼ばれています。家具用材としては、広葉樹が多く用いられ、それぞれの木の持つ特性を生かし、その価値観をよりよく表現されるように使い分けられています。

 

二つの違いを簡単にいうと、針葉樹は柔らかく軽い木が多く加工にむきません。広葉樹は堅木ともいわれるように、堅く重い木なので加工しやすいです。(桐のような例外もありますが。)

 

代表的な針葉樹には、

ヒノキ

スギ

アカマツ

ツガ

 

代表的な広葉樹には、

ケヤキ

ミズナラ

クリ

クスノキ

 

などがあります。

 

木材編②へつづく

 

 

2016年12月6日

一覧に戻る